おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
おすすめ情報

ちょっと前のドラマでは、アパレル関係にお勤めの登場人物が多かった。メディアでは、カリスマ店員だとか、アパレル関係のお仕事をしている人で、先見の明を持つバイヤーや、デザイナー、何が流行するかを説明する評論家に、奇抜だったり最先端を着こなすショップ店員というものにスポットがあたっていた。アパレルバブル?そして華やかなイメージのアパレル関係勤務。

しかし、検索してみると、アパレルの仕事のきつさというものが書かれていました。相談者は、お気に入りのアパレルのお店でスタッフ募集という張り紙を見つけて応募したいといいます。ショップ店員達の態度がそれまでとは変わり、不穏な感じに。しかし相談者はあこがれのお店で働けたら!と面接まで漕ぎつけます。しかし、面接では憧れを抱くのは勝手だけど、表と裏では私達も違うからねと半笑いのまま言われてしまい、ショックを受けた。
あこがれの職場で働くのはかなわないのかというものでした。暗に、お客としてはアリだけど、同僚ショップ店員としては一緒に働きたくないというのが態度の変わった時点、そして面接での店長だか店員の態度がそう言っているのですが。多くの人はアパレルショップで働いた経験から、化粧も毎日、髪型も毎日、薄給でバックヤードでは重労働だし、最新のショップの服は社販で買わなきゃいけないし、とその辛さを告白。そのうえで、あこがれだけではうまくいきませんよと助言している。